金融資産

現金比率ですとか割合を考える場合、どこに現金を置いているのかを想定することが必要です。

投資をしている場合、大きくわけるとお金のポジショニングは2つ居残る。投資初心者なら証券口座は開いておきましょうね。

銀行口座・郵便口座など
証券口座

こういうお金のポジショニングをさらに資産の目的別に分解する。

生活に必要なお金、近い将来扱う予定がある現金
余剰資金
証券会社に入金されたキャッシュ(ポートフォリオ内)
投資商品に置き換わって掛かる金融資産(ポートフォリオ内)

現金比率の目安という勧め方

投資においては、そういった区分に動機付けられる。

さらに3つのステップを経てようやく銘柄購入にいたりポートフォリオ構築ができるわけだ。

家計を黒字化して余剰式を見つける
余剰式を証券口座に入金する、この時点でポートフォリオ内のキャッシュといった見なせる
証券口座内に残るキャッシュで、金融資産を購入する

つまり投資初心者は投資のことを考えるによって、家計を黒字にするやり方をしっかり覚えましょう

キャッシング破産の割合